最近の出会い系サイトはこうやって使うべし

 Subscribe in a reader

最近の出会い系サイトはこうやって使うべし

ワクワクメールだけでなく、最近の殆どの出会い系サイトはSNS化していて、サイト内で複数の人とコミュニケーション出来る形になってます。
随分昔だと、掲示板と検索の2パターンが出会い探しの基本で、他のサービスはオマケみたいな感じであったくらいです。
出会い系サイト側からすれば、掲示板やプロフィール検索で気になる人を見つけて、一番高価なサイトメールを沢山打ってもらうのが一番美味しいと思いますし、色々なサービスを作れば作るほど、サーバーも大きくしなくちゃいけないですし、セキュリティー面や利用者の監視にもお金と人を増やさないといけないでしょうからね。
そんな出会い系サイトも、時代の流れに合わせて出会い系サイトも変わっていかないと、人も集まらなくなっちゃうから…。って感じでしょう。

出会い系サイト側は、ライバルに負けじと宣伝を打ったり、サイト内サービスを充実したりと大変でしょうけど、
この変化で、今までの出会いサイトとは随分と違った出会いが出来る様になったんです。
昔ながらのシンプル出会いを独壇場に制覇していた人にとっては悔しいかもしれませんが、当時出会えない(上手い出会い方がワカラナイ)人達の方が圧倒的に多いのでしょから、956を含めその様な人達にとってはとても良い変化なんです。

昔の出会いサイトだと、ゆっくりとコミュニケーションして徐々に好きになったり、複数の人と混ざってコミュニケーションする事が出来ませんでした。【上手い会話術で直アドをゲットする事に命を掛ける】それが王道の出会い方だったんです。そうなると早い者勝ち要素が強くなってしまうので、相手を良く知らない段階で良い出会い云々で、兎に角直アドゲットしてから始めよう的なスタートになってしまうんです。女性にとっては、直アド交換してみたら想像と違う男性も多かったんじゃないでしょうかね?

昔の出会い系サイトとソーシャルネットワーク出会い

ソーシャルネットワーク

そこでなんですけど、956は昔ながらの出会い系サイトは、悲しいほどダメだったんです。出会い系サイトするならツーショットダイヤルを使って直にお喋りした方が出会えたので、出会い系サイトは殆ど使わない感じです。

そんな956でも、SNS化した出会い系サイトになってからは、利用期間が物凄く長いので(出会い数×利用期間)で頻繁に出会っている訳ではないですけど、総数では三桁位になると思います。出会い数をカウントする悪趣味はないです…笑
勿論、最初から上手く出会えた訳じゃないです。新しい仕組みに順応して、効率良い出会い方法を見つける必要がありました。それと、今は多くのコミュニケーションサイトがあるので、利用者も分散している点で不利かもしれません。

でも、正直な意見では、単なるコミュニケーションサイトでも出会えるかも知れないですが、出会い系サイト程出会いに直結したコミュニケーションサイトは無いのではと思っています。
出会う事をコンテンツにしたSNSなので、当然と言えば当然ですけどね。
若い人は金銭的な問題もありますから、無料のコミュニケーションを利用する気持ちも分かりますし、若いからこそ出会い系サイトでなくとも、間接的に友達が出来たり恋人が出来る確率もそれなりにあるのかも知れません。

しかし、ここでの目的は【出会い探し】
出会いが前提にあるコミュニケーションじゃないと、出会い探しに集中出来ないですし、956の様ないい歳した紳士(笑)がコソコソと規約違反を承知で出会い探しする気にもなれません。堂々と出会い探したいじゃないですか!

ワクワクメールを利用する女性の心理

ワクワクメールの女性

ワクワクメールに集まって来る男女、特に女性は一体どんな目的で登録すると思いますか?大体想像は付くと思いますけど、956がワクワクメールを利用して沢山の女性とコミュニケーションを取った感じで多い順にリストしてみます。

  1. 好きな人と出会いたいから
  2. なんとなく・暇つぶし
  3. 寂しさ解消
  4. エッチなフリースペース
  5. わけあり
  6. デリ業者

男性の多くは、恋人を探している女性に焦点を当てて探していると思いますが、折角のSNS出会いコミュニケーションサイトなので、上の赤字以外の女性利用者も含めて探したい所です。
くれぐれも、デリ業者と思わしき女性と友達になろうなどとは考えない様に、絶対に無理ですから。わけあり女性なら可能かもしれないですが、まぁ面倒な事は避けた方が無難です。
出会いたい・ヤリタイ感は極力控えつつ、日記やつぶやき機能を使って、キッカケを作って距離を徐々に縮めて行く方法があります。もし自分が日記でも書いいるとしたら、貴方を気になっている女性なら、その日記も当然見てくれるでしょうし、プロフィールだって確認するハズです。そんな痕跡をチェックしたら、何気なく気にして話をしてみてください。
筆者ワクワクメール会員956の【最後のワクワクメール指南まとめ】